一目でわかる「失業給付金」手続きと注意点について

今回は、失業給付金について調べてみました。
3つのステップで説明していくよ~

※下記は一般的な内容となっていますので、当てはまらない場合もあるかと思います。実際に申請する場合は、事前に住んでいる地域のハローワークに確認してください。(ちなみに下記は2014年秋時点の情報です)

今回も皆さんのお役に立てればと思います╭( ・ㅂ・)و ̑̑ グッ !

「STEP1 失業給付金についてこれだけは押さえておこう」

「STEP2 失業給付金を受け取るまでの流れについて」

「STEP3 失業給付金をもっと知りたい」

(※妊婦が出産関連で貰えるお金の全体像はこちら)

STEP1 失業給付金についてこれだけは押さえておこう

一目でわかる失業給付金

失業給付金とは、一言でいうと「産後に再就職を考えているママに給与の約0.5倍~0.8倍を支給してくる制度」のことです。まずは表で概要を説明します。

項目
内容
どんな制度?産後に再就職を考えているママにお金を支給してくる制度
いくらぐらい?月給20万で5年未満の勤続の方で36万くらい
※給与×0.5倍で算出
どのようにもらえる?4週間ごとに4週間分が指定口座に振り込まれる
手続き時期は?下記の「失業給付金を受け取るまでの流れについて」を参考に
窓口は?住んでいる地域のハローワーク

「失業給付の延長」手続きを忘れずに

 失業給付金とは、「今まで働いていた人が、会社都合や自己都合で退職した際に、新たな就職先を見つけるまでを支援するための制度」です。また、「離職の翌日から1年以内」に申請をして支援をしてもらう必要があります。そのため、離職をしてから3年ぐらい遊んで「そろそろ仕事を探そうか!」といったケースの場合、失業給付金は基本的には貰うことができません。
 但し、妊婦の場合は、離職後1年での復帰は「出産」「育児」などで難しく、子育てが一段落してから求職活動をできるようにと特例措置があります。これが「失業給付の延長」です。
 「失業給付の延長」を行うと、受給期間を「離職の翌日から1年以内」に追加して「特例措置として最長3年の延長期間」があります。そのため、産後すぐに働く予定のないママは、「失業給付の延長」の手続きを必ずしておきましょう。
 「失業給付の延長」の手続きができる期間は、「退職の翌日から30日経過後の1か月間」と非常に短くなっています。退職後は、ハローワークに連絡をとって、手続きを期間内に終わるように確認をしておきましょう。※パパなどの代理手続きも可能なようです。

貰えるお金は?

失業給付で貰えるお金は、給与の約0.5倍~0.8倍。また、給付される期間は、失業期間中ずっとではなく、被保険者であった期間退職都合(自己都合or会社都合(倒産など))などによって様々です。一般的な妊婦さんの例でいうと、だいたい90日分~120日分の失業給付をいただけることになります。
また、計算方法はややこしいので以下のサイトを参考にして下さい。

年齢や給与や勤続年数を入力すると、どれくらいの失業給付が貰えるかがわかるよ!

失業保険を簡単に計算

「STEP2 失業給付金を受け取るまでの流れについて」

退職
退職ヾ(o´∀`o)ノ長い間お疲れ様です~
退職時に担当部署から「雇用保険被保険者離職票1及び2」をもらう

お願い
退職翌日から30日経過後、「失業給付の延長」ができる期間中に、ハローワークにて「失業給付の延長」手続きを行う。「離職票1及び2」、印鑑、母子健康手帳などを持参する。※詳細はハローワークに確認してみてね。

出産
出産・育児。大変だ~!!

申請
子育てが一段落して「働くぞ~仕事さがすぞ~」となれば、ハローワークにて「失業給付金の申請」を行う。※働く意志があるにもかかわらず失業している状態であれば、失業保険の基本手当を受給することが可能となります。申請後の簡単な流れを記載します。

①手続きしてから7日間の待機期間がある。
②3か月間は「給付制限の3ヶ月」となり、失業給付が貰えない。「給付制限の3ヶ月」は自己都合退職の場合のみ適用される。
③②の期間が完了してから、定期的(28日ごと)にハローワークに行って「失業状態」と「就職活動状況」を行うことで失業保険が指定の口座に支給される。
※ぷほが調べた限りでは、最初の失業保険が適用されるのは②の期間を待ってからでした。ただ、妊婦は「給付制限の3ヶ月」は適用されないといった情報も確認できました。どちらが正しいか詳細はハローワークに確認してください。

STEP3 失業給付金をもっと知りたい

最後にぷほが調べた中で気になった失業給付金のあれこれを記載しておきます。

受給期間に注意して

 前述したように「失業給付の延長」手続きを行うことで、受給期間を最大4年間(1年+延長3年)になることを記載しました。ここで注意することは、退職してから3年10か月目に「よし、そろそろ働くぞ」と手続きをしても何も貰えないことです。
 失業給付金を受け取るまでの流れにも記載した通り、初めての給付は「給付制限の3ヶ月」より、3か月以降でないともらえません。
 また、90日分の失業給付金を貰える場合でも、一度に90日分を貰えるのではなく、90日間をかけてもらえるものです。(28日ごとに指定口座に支給)
 よって、受給期間が切れる、最低でも7か月~8か月前には「失業給付金の申請」を開始しておく必要がありそうです。
※前述したように「給付制限の3ヶ月」はハローワークに確認してください。

ぷほのまとめ

 「失業給付の延長」の手続き期間って「退職の翌日から30日経過後の1か月間」と非常に短いんですね。産後に再就職を考えているママは、とりあえず「失業給付の延長」の手続きをやっておくことが大事そうですね。
 一部のママは、「失業給付の延長」を会社から「いつでもいいですよ」って言われて、そのままにしてしまったとか。手続き期間を間違って認識していたとか。ネットではいくつかそんな声を確認できました。妊婦さんは自動的に延長手続きがされるなど、国としてもっと配慮をして欲しいと思いますヾ(。>﹏<。)ノ゙  「それにしても生きにくい世の中だ」と愚痴をこぼしたくなるぷほでございました。

少しでもお役に立ったならポッチと応援お願いします。ランキングに参加中♪
にほんブログ村 マタニティーブログ 出産準備へ

 また、何か他に追加したほうがよい情報あれば、どんどん追加したいと思いますので下記のメール宛までご連絡いただけると嬉しいです。そして、間違った情報を発見した場合は110番。いや。やめてください(。-ω-)ノ同様に下記のメールへお願いします。

お問い合わせはこちらまで↓(誹謗中傷は遠慮願います♪)
puho@outlook.jp

↓妊婦ブログやってまーす!↓
初マタぷほちゃんの妊婦日記

Advertisements