(専業ママ編)「妊婦が貰えるお金」どの時期に何の手続きを?

「専業ママ」「働くママ」「退職ママ」にわけて、どの時期にどの手続きをすればいいかをまとめてみました。今回は専業ママ編。また、出産後の手続きとして必要な事務手続きもまとめました。

目指せちゃっかりママ。今回もお役に立てると嬉しいです╭(๑•̀ㅂ•́)و

※下記は一般的な内容となっていますので、当てはまらない場合もあるかと思います。事前に所定の施設に確認してくださいね。

専業ママ

制度と手続き時期について

どんな制度でお金が貰えるのか?

専業ママが対象となる制度は以下の通りです。
※もらえるお金は一般的な金額となっています。

制度
金額
リンク
 
 
妊婦健診費の助成10万詳細
出産育児一時金42万詳細
児童手当18万 ※詳細
医療費控除条件を満たした時のみ詳細
高額療養費条件を満たした時のみ詳細
乳幼児の医療費助成医療費を全額または一部負担

※最初の1年間に貰える金額のみを対象としいます。

専業ママの手続きの時期と順番

全期間共通

時期
内容
全期間共通≪医療費控除≫
医療費控除の確定申告時に必要な領収書を保管しておく。

     
妊娠中

下記は出産育児一時金(直接支払制度)を選択した場合の段取りなります。

時期
内容
妊娠が確定≪妊娠検診費の助成≫
 妊娠届の提出をして「母子手帳」と「妊娠健診費の助成券」をもらう。
出産3か月前ごろ≪出産育児一時金≫
出産予定の病院で直接支払制度を利用できるかどうかを確認をしておく。
出産2か月前ごろ≪児童手当≫
児童手当の手続き方法を確認しておく。産後すぐに「児童手当認定請求書」や「課税情報の確認に係る同意書」は必要となるため記載して準備しておく。
※住んでいる地域によって違うので必要書類は確認してね。
1か月前ごろ~出産~退院≪出産育児一時金≫
直接支払制度の合意書にサインする。会計時には、直接支払制度を利用して支払いをする。
※サインをするタイミングは病院によって違います。
      

産後

産後の手続きは、なるべく一度に済ませてしまいたいものです。段取りが悪いと何度も関係施設に通うことになってしまいます。「健康保険」「国民保険」かによって、効率よく段取りする手順は大きく変わってきます。     

「健康保険の場合」

時期
内容
出産日を含め14日以内≪出生届≫
市区町村の役所で申請する。
出産した月内
月末出産は出産後15日以内
≪児童手当≫
市区町村の役所で申請する。
※出生届と同時に申請可能
産後なるべく早く
※1か月健診までが理想
≪健康保険の加入≫
勤務先の健康保険の窓口に申請する。
※2週間~1か月で発行。
産後なるべく早く
※1か月健診までが理想
≪乳幼児の医療費助成≫
市区町村の役所で申請
※上記で取得した健康保険証が必要
 

「国民保険の場合」

時期
内容
出産日を含め14日以内≪出生届≫
市区町村の役所で申請する。
出産した月内
月末出産は出産後15日以内
≪児童手当≫
市区町村の役所で申請する。
※出生届と同時に申請可能
産後なるべく早く
※1か月健診までが理想
≪健康保険の加入≫
市区町村の役所で申請する。
※出生届と同時に申請可能
※健康保険証は1週間程度で発行。
産後なるべく早く
※1か月健診までが理想
≪乳幼児の医療費助成≫
市区町村の役所で申請
※上記で取得した健康保険証が必要
 

「出生届」は、里帰り先の市区町村の役所で申請可能ですが、「児童手当」は、住んでいる地域の市区町村の役所でしか申請できませんので、特に里帰り出産をする場合は注意してください。

自治体によっては、健康保険証が手元になくても「乳幼児の医療費助成」の申請に応じてくれるところもあるようです。この場合、国民保険の方は、「出生届」「児童手当」「健康保険の加入」「乳幼児の医療費助成」を一度にできてしまうので、住んでいる市区町村の役所の担当窓口に事前に確認してみてください。

その他

時期
内容
翌年の1月以降~5年以内≪医療費控除≫
1年間に払いすぎた税金が戻ってくる。家族全員で医療費が10万を超えた場合に申請できる。
診療を受けた月の翌月の初日から2年≪高額療養費≫
医療費が約8万円以上になる場合に申請ができる。
 

制度に関する詳細について

出生届について

項目
内容
出生届けとは?赤ちゃんを戸籍に入れる手続
誰が手続きするの?基本両親(パパ)
いつまでにするの?出産日を含め14日以内
必要なものは?・母子手帳
・出生届
・届出人の印鑑
・国民健康保険証(加入者のみ)
窓口は?市区町村の役所

出生届の用紙は、ほとんどの場合、出産した病院で貰えるようです。出生届には、病院で記載してもらう出生証明書欄がありますので必ず記載してもらいましょう。(病院で貰えない場合は、事前に役所で用紙を貰って、病院に記載してもらう必要があるため注意が必要)

表に戻る

健康保険の加入について

項目
内容
健康保険の加入とは?赤ちゃんを健康保険に加入させること
誰が手続きするの?基本両親
いつまでにするの?産後なるべく早く
※1か月健診までが理想
必要なものは?・母子手帳
・健康保険証
・出生届のコピー
・届出人の印鑑
窓口は?・健康保険→勤務先の窓口
・国民保険→市区町村役所

 必要書類は、健康保険や国民保険など加入している保険によって違うので事前に確認してください。最初に健康保険証が必要になるのは、赤ちゃんの1か月健診の時になります。
 健康保険の申請をしてから手元に届くまでの一般的な期間は、健康保険の場合(会社の総務などに依頼)で、早くて2週間、遅くとも1ヶ月程度。国民保険の場合は、1週間程度のようです。一般的な期間のため、急いでいる場合は窓口に確認してください。
 また、1か月健診は健康保険が適用されないため全額自己負担です。ただし、お医者様が更に診察や検査等が必要判断した際には、保険が適用されるため、1か月健診までに準備しおくほうが良いかと思います。※1か月健診は原則全額自己負担ですが、自治体によって無料になる場合があるようです。

表に戻る

会社に保健証をお願いする場合、1か月健診までの保険証の準備は、かなりぎりぎりになるかと思われます。そんな場合、先輩ママは、健診日を少しずらすケースと、とりあえず実費(保険が適用される医療費がある場合)で払って後日保険証を持っていくケースとがあるようです。後日保険証を持っていくケースは、対応可能かを事前に病院に確認したほうがよさそうです。

乳幼児の医療費助成について

項目
内容
乳幼児の医療費助成とは自治代が子供の医療費を一部負担や無料にしてれる制度
※自治体によって内容が変わります。
いつまでにするの?産後なるべく早く
※1か月健診までが理想
必要なものは?・母子手帳
・赤ちゃんの健康保険証
・届出人の印鑑
窓口は?市区町村の役所

 必要書類は、自治体よって違うので事前に確認してください。
負担内容は、医療費全額負担や一部負担など自治体によって様々です。所得制限などをかけているところもありまし、「乳幼児の医療費助成」によって、1か月健診が無料になる場合もあります。地域差があるため、事前に住んでいる市区町村の役所の担当窓口に確認をしてください。

表に戻る

ぷほのまとめ

 また、何か他に追加したほうがよい情報あれば、どんどん追加したいと思いますので下記のメール宛までご連絡いただけると嬉しいです。そして、間違った情報を発見した場合は110番。いや。やめてください(。-ω-)ノ同様に下記のメールへお願いします。

お問い合わせはこちらまで↓(誹謗中傷は遠慮願います♪)
puho@outlook.jp

↓妊婦ブログやってまーす!↓
初マタぷほちゃんの妊婦日記

少しでもお役に立ったならポッチと応援お願いします。ランキングに参加中♪
にほんブログ村 マタニティーブログ 出産準備へ

Advertisements