「妊婦とお金の話」出産までにかかるお金はどれくらい??

今回は、出産までにかかるお金について調べてみました。「赤ちゃんを生むまでに、病院にいくらぐらい払う必要があるのか?」「国から貰える補助金にはどんなものがあって、いくらぐらいもらえるの?」「マタニティグッズっていくらぐらいかかるの?」「その他に必要なお金は?」といったみんなの気になるお金について調べてみました。今回も参考になれば嬉しいです╭(๑•̀ㅂ•́)و

出産に必要な負担費用について

いきなり結論ですが、ぷほが調べた出産までに必要な負担費用の総額は??

ざっと40万~50万

なかなかの金額になりましたヾ(。>﹏<。)ノ゙中古車くらいなら買えちゃう! なぜ?こんなにお金が必要なのか?? かかる費用を以下のように大きく3つにわけてみました。 「医療費」
「マタニティ・ベビー用品」
「その他もろもろ」

下記で一つ一つ詳しく見てきますね。

天秤

医療費(自己負担分)はいくらぐらいかかるの?

ぷほが調べる限り自己負担で支払う必要のある費用は、

ざっと16万~20万

となりました。国や自治体からいただける補助金がありますが、医療費すべてをまかなえるものではありません。

何のための医療費を払う必要があるのか?またその費用は?

 まずは、妊婦健康診査のための費用が必要です。「妊婦健康診査」とは、ママと胎児の健康を守るために産婦人科で行なう定期的な検査のことです。(1~4週間に一度で14回程度通う)
 ただし、自治体から「妊婦健康診査費用助成(10万程度の助成)」があり、費用を一部負担してくれます。全額助成となれば嬉しいところですが、助成をうけたとしても自己負担額は3~6万程度必要になるようです。(住んでいる自治体により助成内容が変わるため注意が必要)
 また、赤ちゃんを生むために必要な「分娩・入院」には平均で40万~50万円。「出産育児一時金(1児につき42万)」が支給されるため、自己負担額は10万程度になるようです。
 上記以外には、突然の出血や切迫流産などのマイナートラブルによる通院などで3万程度の自己負担が必要になる場合があります。
 「妊婦健康診査」と「分娩・入院」と「マイナートラブル」の自己負担を足すことでざっと16万~20万となります。

車が頭から

国や自治体からの支援として「妊婦健康診査費用助成(10万程度の助成)」、「出産育児一時金(1児につき42万)」を紹介しましたが、それ以外にも貰えるお金があります。詳しくは、別の記事にまとめる予定なのでしばしお待ちをw

マタニティ・ベビー用品にはいくらぐらいかかるの?

ぷほが調べる限りマタニティ・ベビー用品にかかる費用は?

ざっと10万~13万

どんなものを購入するの?

マタニティ用品でいうとマタニティブラやショーツ、腹帯、妊娠線ケアクリーム、抱き枕など。ベビー用品だとベビーカー、ベビーベッド、チャイルドシート、衣類、抱っこひも、新生児用の衣類など。お下がりをいただいたりして節約しつつも、積み上げていくと結構なお金になるようです。

その他の費用

ぷほが調べる限りその他の費用は?

ざっと15万

となりました。実際にどのようなことにどれだけ費用がかかっているのか見ていきます。

内祝いの費用

内祝いは、出産祝いの半額程度が目安。内祝いの総額は、だいたい8万程度となるようです。

里帰り関連の費用

実家に帰るための交通費だけでなく、旦那が家に一人となるため食費もかかります。だいたい5万~6万程度となるようです。

ぷほのまとめ

子供を一人生むためには、思った以上に費用がかかるのだと実感(*´д`)o
「医療費」や「その他費用(内祝いや里帰り)」の出費を抑えるのは難しいため、使えるかわからない、もしくはすぐに使わなくなる「マタニティ・ベビー用品」で節約するのがいいのでは!?特にブランド品などとこだわり出すと費用が大幅に膨れ上がるので注意が必要。赤ちゃんが生まれることでテンションあがってついついいいのを買ってしまいがちですが、ぷほは、先輩ママからお下がりをもらったり、中古のベビー用品を購入したりしてかなり節約しちゃいました♪

また、自治体や国からの支援は、手続きをしなければ何も貰えません!できるだけ早く手続きをしようね。

少しでもお役に立ったならポッチと応援お願いします。ランキングに参加中♪
にほんブログ村 マタニティーブログ 出産準備へ

↓妊婦ブログやってまーす!↓
初マタぷほちゃんの妊婦日記

Advertisements