子供を育てるための教育費約1,000万円をいかにして貯めるか?

 子供が生まれるのは楽しみだけど、本当に子供を育てられるのかしら(・Д・`)と最近不安に感じてます。その不安はどこからくるの??と考えて見た時に、「自分が親になれるのか?」といった不安はもちろんですが、それ以上にやっぱり「お金」が心配(。>ω<)ノ   今回は、そんなリアルな心配を少しでも解消するために、子供にかかる教育費はいくらくらいなのか?そのお金をどうやって貯めるのか?など教育費について考えてみました。  今回も皆さんのお役に立てればと思います╭( ・ㅂ・)و ̑̑ グッ !

教育費を貯めるためには?

教育費を悩むぷほ

子供一人にかかる教育費は?

 まずは、子供が生まれてから大学を卒業するまでの22年間にいったいどのくらいの教育費がかかるのかを調べてみました。

 
公立
私立
幼稚園66万円161万円
小学生182万円881万円
中学生138万円384万円
高校生118万円276万円
大学生243万円520万円
747万円2,222万円

※学校の費用だけでなく塾や習い事も含めた金額

幼稚園~大学生まで一貫して公立なら約750万円ですが、私立になると約2,250万円となります。私立高い。。ここでぷほ家の方針が決定「チビ姫よとりあえず公立一本で頑張りなさい(。>ω<)ノ」

戦略はコツコツ戦法

 教育費関しては、最低限750万円貯まればなんとかなるのはわかりましたヾ(o´∀`o)ノ
 でも、「750万円をどうやって貯めるのか??」それが一番悩みどころ。「宝くじ?」「ギャンブル?」悩んだ末に編み出した戦略は「コツコツけちけち戦法!」

国から貰える大事なお金を忘れない

 「コツコツけちけち戦法」の詳細を説明していきたいのですが、その前に国からいただけるお金があったような。。。そうです「児童手当」です。まずはこのお金を頑張って貯金。するとどうでしょう15才までに210万円も貯まっちゃいます。

 750万円-210万円=540万円

 おおo(゚◇゚o)いきなりこんなに減りました。少し見えてきたような。。見えてこないような。。

コツコツ戦法生まれる

 残り540万円をいかに貯めるか?ぷほは色々悩みました。でも悩んでもしかたない。まずは手をつけられる部分から・・「そうだ、ダンナ新聞あまり読んでないし、そろそろ契約切れるから新聞契約切ろうと!月々4,500円だしな」

 「4,500円を22年払ったらいくらになるのかな?」っとふと思い計算してみると
 「おおお118万8千円!」o(゚◇゚o)

 そうです。ぷほはこの時思い知ったのです。「ちりも積もれば山となる」といったことわざの本当の意味を・・そして「無駄なものはできるだけ省いてコツコツ貯めてやる」といった「コツコツけちけち戦法」がこの時生まれました。
 ※4,500円が「ちり」と言ってるわけではありません。540万円に比べてという意味で使用しました。

月額いくら貯めればいいかを考える

 この「コツコツけちけち戦法」を実践していくために、まずは1か月いくら貯めればいいかを考えてみました。 

 540万円÷22年間≒24.5万円
 24.5万円÷12か月≒2万円

 月額2万円か・・

ハードルは高いですが、750万と言われるよりは低いような。。

ぷほが実践したコツコツ戦法をご紹介

 給料が増えていないのにお金を貯めるには、出ていくお金をしぼるしかありません。出産が決まってから、ぷほが実践した「コツコツけちけち戦法」をご紹介。

新聞の契約

 先ほど記載した通り、月々4,500円の出費を抑えます。新聞を取らないことに多少抵抗はありますが、スマホもインターネットもあるしなんとかなる!新聞は1年契約をしてしまうと、中途解約は原則できないので注意が必要です。

22年でいくら節約?
 

 
初期
月額
22年
新聞あり0円4500円約119万円
新聞なし0円0円0円

約119万円の節約!

大手3社から格安携帯へ変更

 大手3社の携帯から、ダンナの携帯を格安携帯に変更。電話をあまり使わないダンナのスマホ代を大幅に減らせました。ちなみにぷほは大手3社を継続利用!※格安携帯は携帯メールアドレスがなくなるので、ぷほは踏み切れず大手3社のまま。

 
初期
月額
22年
大手3社0円7000円約185万円
格安携帯4万円1900円約54万円

約185万円-約54万円=約131万円の節約

テレビをアンテナに!

 インターネット回線と同時に契約していた光テレビを解約してアンテナにしてみました。

 
初期
月額
22年
光テレビ0円1500円約40万円
アンテナ約9万円0円約9万円

約40万円-9万円=31万円の節約!

バスから自転車に

 最寄りの駅までバスで通っていたダンナに、ちょっといい自転車を買ってあげて自転車で通勤してもらう!もちろんダンナには「子供のために健康でいてほしいから」と伝えて「お金のため」っていうのは内緒(/ω\)

 
初期
月額
22年
バス0円8800円約232万円
自転車3万円3700円約101万円
  

※バス代は往復440円。5日くらいは雨のためバスで通うことを想定。駐輪場は1日100円

約232万円-約101万円=約131万円の節約!

22年間の節約効果は??

 上記の節約をするだけでも、ざっと約412万円の節約になりました。また、初期投資はするものの月々1万5千円くらいは余裕がでてきます。目標の540万や月々2万円には届かなったけど、なかなかいい線いったと思いませんか??
 もしかしたら、台風でアンテナが飛んでしまうかもしれないし、寒くなったらダンナが自転車通勤を「やめたい」といいだすかも、また大手3社の携帯がもっと安くなるかもしれません。なのでかなり強引な計算でしたが、ちょっとした節約を積み重ねれば22年という年月をかけてかなりの金額になることを改めて実感しました。
 また、足らない約138万をどうするか考えていたところ。。。ぷほは「禁断の戦法」を思いついたじゃありませんか、名付けて「子供のために泣く泣くダンナ戦法」とでもいいましょうか?
 ダンナの小遣いを5000円減らして、22年貯めると132万円!
キタ━━゚+.ヽ(≧▽≦)ノ.+゚━━ ッ !

教育費のために

内容が「22年で750万を貯めるぞ!」って記事になっちゃいましたが、子供が大きくなるにつれて教育費は使って無くなっていくものです。考え方としては、教育費用の通帳を一つ作って、そこに児童手当と月々1~2万を貯金する。子供の教育費は、すべてその通帳でやりくりすることで22年後には通帳がきれいに0円になることが理想かと思います。また、学資保険も気になるところなので、今後調べて見ます。

その他の節約方法

下記の方法、ぷほはまだ実践してないのもありますが、色々と調べた結果を一部ご紹介。かなりざっくり記載してます。

①公共料金はカード引き落とし
年約2000円のポイントが貯まるので22年間で約4万円

②パパの散髪をママがしてあげる
3,000円/1回として2ヶ月に1回散髪していたら22年間で約40万円
 
③生命保険を見直し
多額の生命保険を払っている場合は一度見直しをすると大きな節約となります。

④外食を減らす
月1回の外食を減らすことで約1000円の節約。22年間で約26万円

⑤パパのビールを発泡酒に
月1ケース消費しているのであれば、約2000円の節約。22年間で約53万円

⑤オークションやリサイクルショップを活用する ※ぷほ実践中
育児グッズもかなりお世話になりました。定額の20分の1~10分の1なんてことも。。。また購入するだけでなく、読み終わった本やいらなくなった電化製品などをオークションで売ったりもしています。

などなど節約方法は調べてみればたくさんでてきますので、皆さんもご自分のペースに合わせた節約術を探し見てください。

ぷほのまとめ

 上記の話は、教育費のみのお話です。食費や被服費、お小遣いなど、子どもにかかわるすべてのお金も含めると、その2倍やそれ以上になるようです。ただ、少なくとも教育費でも目途が立てば、親としての不安も多少消えて自信も生まれてくるかも!ということで色々考えていました。
 月々の積み重ねってホントに大きいですね。大金をいきなり貯めるのも無理。ぷほは今からでも少しずつコツコツ貯めていきたいと思います。ぷほの場合、当面の目標は月々約1~2万円です。(この1~2万円はないものとしてお給料と同時に専用口座に振替できるようにしようかと思っています。)ただ、あまりストイックになりすぎてもよくないので、ないときはしょうがないといったわりきりも必要。
 また、お金が貯まる時期は、子供が小学生以上になったころが一番貯まるようです。(子供が独り立ちしてママが働ける時期となるから)皆さんも無理をせず焦らずこつこつと頑張ってください。

少しでもお役に立ったならポッチと応援お願いします。ランキングに参加中♪
にほんブログ村 マタニティーブログ 出産準備へ

 また、何か他に追加したほうがよい情報あれば、どんどん追加したいと思いますので下記のメール宛までご連絡いただけると嬉しいです。そして、間違った情報を発見した場合は110番。いや。やめてください(。-ω-)ノ同様に下記のメールへお願いします。

お問い合わせはこちらまで↓(誹謗中傷は遠慮願います♪)
puho@outlook.jp

↓妊婦ブログやってまーす!↓
初マタぷほちゃんの妊婦日記

Advertisements