妊婦と卵とアレルギー

前回の記事では、妊婦とカフェインの上手な付き合い方についてまとめました。今回も引き続き妊婦が注意する食べ物についてまとめました。

妊婦と卵

今回は、卵について。卵は良質なたんぱく源であり、妊娠中に必要な栄養成分を備えています。ただ、一部には、「控えたほうがよい食材」と記載されている場合も!なぜ、妊婦にとってよい食べ物なのに「控えた方がよい」と記載されている場合があるのか?そんな素朴な疑問について調べてみました。
卵の中から

卵を控える理由とは?

卵を「控えた方がよい食材」としている理由の多くは、「サルモネラ菌」が卵の殻に付着してる可能性があるからです。「サルモネラ菌」は、販売会社の洗浄が不十分だった場合に、卵の殻に残るとのこと。万が一「サルモネラ菌」に感染してしまった場合は、食中毒となり下痢や腹痛を発症します。
「サルモネラ菌」直接胎児に影響を与えることはありませんが、下痢や腹痛により子宮が収縮し、流産や切迫早産につながる可能性があるため、卵を控えたほうが良いとされているようです。

妊婦の卵の食べ方

妊婦にとってよい栄養源である卵。卵抜きで妊婦に必要な栄養源を摂取するのもなかなか難しいのでは??では、どんなことに気をつければ「サルモネラ菌」に感染しにくいのかを調べてみました。
・生卵・半熟はできるだけ食べないようにする。(目玉焼きも火を通す)
・どうしても生で食べたい時は新鮮で清潔な卵を食べるようにする。
・卵の殻を触った場合、しっかり手を洗う。
・生卵の入った食材に気をつける(ティラミス)

と記載しつつも、ぷほは、妊娠するまでサルモネラ菌を気にしたり、食中毒にかかったことはありません。それなのに、妊婦になってアンラッキーでサルモネラ菌に感染!なんてお話もできるだけ避けたかったので、生と半熟には少しだけ気をつけました٩(๑•̀ω•́๑)۶

妊婦と卵とアレルギーについて

妊娠中に卵を食べると赤ちゃんがアレルギー体質になるといったお話をたまに聞きます。色々と調べてみましたところ、医学的な根拠はないといった結論がほとんど。その中でも1つだけ気になったのが、妊娠中に過剰にアレルギー食物をとった場合、胎児にその食物に反応するアレルギー体質があれば、アレルギー体質となってしまう可能性があるといった記載です。牛乳をガバガバ水のように飲んだり、卵を毎日3つ食べたりと極端なとり方をすると、その可能性は高まるみたい。
大量卵を食べる

ぷほのまとめ

妊婦とアレルギーについては、誰もが気になるところ。ぷほが調べた限りでは、どんな食物においても過剰摂取はやはりよくないといったところでしょうか?アレルギー食材に限らず、「○○の食べ物が妊婦によい」などと聞いてそればかりを食べてしまうと、予期しないトラブルを引き起こしてしまう可能性があるのかな~と。
なのでバランスよく色々な食材を食べつつ、今まで以上に気をつけられる部分については、気をつけるといった妊婦として自覚が大事になるのかなと・・ぷほも偉そうなことを言っておりますが、半熟卵が大好きなので・・そうたまに・・いや時々・・ん?結構食べちゃってますけどねー(๑≧౪≦)てへぺろ

少しでもお役に立ったならポッチと応援お願いします。ランキングに参加中♪
にほんブログ村 マタニティーブログ 出産準備へ

↓妊婦ブログやってまーす!↓
初マタぷほちゃんの妊婦日記

Advertisements